Home    

法人カードを制する者は経営を制す

houjin_card_needs.png

なぜわざわざ法人カードにする必要があるのか


「仕事関連で使うためのクレジットカードを持つ」となれば、法人カードを選ぶのが一般的です。

なぜなら「法人カードには経費等のお金の流れをコントロールする」 ためのメリットが沢山あるからです。

しかし、個人事業主などの場合は「どうせ、他の社員がカードを使うこともないんだし、年会費がかかるというデメリットがある法人カードをわざわざ作らなくても、普通のクレジットカードがあればいいじゃないか」と考えるケースも少なくありません。

しかし、このように年会費のデメリットを理由に法人カードを避け、個人向けクレジットカードを選ぶのはおすすめできません。

なぜなら、法人カードには、以下のような「見逃してはもったいない大きなメリット」があるからです。

〇出張や接待等で発生する費用をカード払いできるので、現金出納が楽になる。
〇法人カードと個人用カードを別々にすることによって、仕事におけるお金の流れ(キャッシュフロー)の把握がしやすい。
〇カード明細がWEB上で手軽に確認できるので、経理業務の手間が省け、ミスも少なくなる。

こうして見ると、法人カードは「経費等のお金の動き・流れが確認しやすくなるだけでなく、手間も大幅に省ける」という非常に大きなメリットがあることが分かりますね。

このような、「お金にまつわる部分のチェック」等にかけていた時間を他に使えるようになる、と考えれば、年会費程度のデメリットは「取るに足りないほど小さなデメリット」と言えるでしょう。

その他にメリットは?       credit_card_good_points.jpg

というわけで、法人カードは年会費がかかるという小さなデメリットがあるものの、それ以上に「お金の管理がとても分かりやすく楽になる」という大きなメリットがあるクレジットカードだと言えるのですが、実は、メリットはこれだけではありません。

法人カードにも、個人向けクレジットカードと同様に、ポイントサービスやマイルの交換・優遇サービスや、各種保険や保障・提携先での優待や割引などといった付帯サービスが受けられる、というメリットもあるのです。

しかも、「個人向けクレジットカードよりも法人カードのほうが、ポイント付与率が高く付帯サービスも充実している」というケースも多いですよ。